2008年02月18日
■ 廃品回収

今日は町会の廃品回収の日でした。
年に4回、町会の文化部の人が中心になって行います。
朝9時から集合して、まず町民の皆さんに今日が廃品回収の日であることをアナウンスして
9時20分前後から回収に廻ります。しかし集合時間よりいち早く集まるのが、町会の役員で70歳以上の年配の方で、50歳前後の壮年が集合する時間にはすでに様々な準備ができています。そのことはどんな行事でも見受けられ、町会を育ててこられたご年配の心意気がひしひしと伝わって来ます。
そんな姿を見るたびに、私はいつも心の中で感謝申し上げ、この流れを決して止めてはいけないと思っています。
廃品回収で得たお金は、子供会の活動の原資になり、有効に使われます。
私も文化部の一員として、毎回参加していますが、小学校や中学校の保護者も参加されお手伝いをいただく姿は、地域と学校の関係をとてもいいものにしています。
こうした動きは全国どこの町会も同じようなことをしていると思いますが、戦後の地方自治を推進する中で、町会の力は重要な要因として認識されてきました。
ところが最近、町会役員の高齢化が叫ばれ、また高層マンションが増える中で、町会や自治会の存亡の危機が叫ばれています。
このことは、第2次地方分権を進めようとしている中で、極めて憂慮すべきことと思われます。
最近は、よくNPOの支援が行政に要求されますが、その前に、一番多くの地域の住民を巻き込んでボランティア活動しているのが町会の活動であることを思い出して、再度町会や自治会の重要性を認識すべきでしょう。そのための施策を、行政は住民と一緒になって考える時がいまこそ来ていると思われます。
平成22年には、地方分権推進一括法案を出す予定になっています。しかし原点を忘れて新しい改革はなかなか難しいと思います。
地方分権推進委員会で、様々な提案を出す前に、廃品回収から見える地域のありようをもう一度認識すべきでしょう。現場主義が必要です。

投稿時間 : 01:24 個別ページ表示
2008年02月13日
■ 飲酒運転

今日の地元の柿沢未途都議の飲酒運転による事故のニュースは、とても残念でしょうがない。
柿沢都議は、2期目で民主党に入党していらいどんな会合でも必ず顔を出して、政治活動を精力的に展開していた。若手のホープゆえに、今回の事件は残念でしょうがない。
しかし、飲酒運転がどれだけ社会的に問題かは、警視庁を管轄する都議会が一番認識しているはずだが、どうしたのだろうか。
今後の展開が憂慮されるが、優秀な人だけにまた奮起してもらいたい。

投稿時間 : 00:21 個別ページ表示
2008年02月12日
■ 一刀両断

知事はタレントではない。
大阪府知事選挙で自公府連推薦の橋下徹弁護士が当選した。
先に当選した東国原宮崎県知事もそうだが、両者のスケジュールをネットで垣間見ると、タレント時代のスケジューリングに似ているのではなかろうか。
本人だけがテレビやイベント出演で忙しく、そこに住民の顔が全然見えてこない。
私も23歳から都議の秘書として政治の世界に入り、その後区議会議員になるまで、参議院議員、衆議院議員の秘書として行政の中をつぶさに観察してきました。悪い慣習も多々あるものの、行政の仕事がいかに複雑怪奇で、重要な決断をどれだけ要求されるか、執行機関の代表としての立場は、マスコミに露出する時間があるならば、やるべき仕事は山ほどあるはず。
世間では、東国原知事の動きを評価する人もいますが、彼のブログから垣間見る知事の仕事に対する認識は、あまりにもイベント的で中身がなく、間違っているとしか思えない。
大阪府知事には、弁護士としての経験もあるので、若干期待しますが、マスコミ対策だけに追われ、府民不在の政治だけはなさらないように、ご忠告申し上げます。

投稿時間 : 23:45 個別ページ表示
■ 不易流行

建国記念日の今日、巣鴨とげぬき地蔵商店街を視察してきました。
「お年寄りの原宿」言われるほどのことはあり、お年寄りの参拝客が大勢押し寄せ、商店街も所狭しと賑わいを見せていました。店構えはそれほど真新しいものは見られなかったものの、商店街の店の雰囲気もまた商品の陳列も、お年寄りが楽しんで買い物できるように工夫され、ゆっくりゆっくりと歩きながらの買い物姿は、商店街としては理想の趣なのだろうかと思われました。
しかし、商店もさることながら、やはり来訪客のお目当ては、とげぬき地蔵尊のご利益を望んでいるみたいで、境内には多くの参拝客がお参りをしていました。
商店街の成功の秘訣は、やはりそこに何か人間の安らぎ覚えるドラマがあり、ストーリーがある事が大切で、また行ってみたいというリピーターを増やすには、人間の感性に訴えるものが必要と思われます。
その点この商店街は、北に猿田彦大神の更新塚や南に江戸六地蔵の真性寺があり、そして中間にとげぬき地蔵尊の高岩寺が位置して、心の安らぎを見出すのに恵まれた地政学的空間を提供しているところに人気の秘訣があるように思われました。
それでは、私の地元の亀戸はどうかといえば、地政学的には十分、巣鴨のとげぬき地蔵尊商店街よりも潜在的に心の安らぎのドラマが見られるところと確信しました。そのことはまた改めて詳しく書きたいと思います。
さて江東区は、平成19年度補正委予算で、亀戸の地域振興の核になる銀行跡地を取得する予定です。610メーターにも及ぶ第2東京タワーが業平に平成23年にできることになり、何としてもこの機会を亀戸復興の絶好のチャンスと捉え、新しい亀戸の街づくりを考えています。多くの皆さんの知恵を結集してぜひ成功させたいと考えています。
そこでのキーワードは、私は「不易流行」と考えます。日本人として忘れてはならない伝統・文化、そして思いやりや優しさ、そこを原点に、一方で進取の気性を持ち、新しい文化を創造していくエネルギーを持つこと。原点の価値と創造の価値、保守すべきものと改革するもの、このバランス感覚を持てば必ず成功すると考えています。ぜひ応援をよろしくお願いします。
ところで今日のタイトルを「不易流行」と書いたのもその意味からです。これからコラムのタイトルは「不易流行」として、新聞の論評や世相の状況をこのブログで様々に談論風発を重ねていきたいと考えています。これからもよろしくお願いします。


続きを読む "不易流行"

投稿時間 : 00:16 個別ページ表示
2008年02月03日
■ 節分祭

またしばらく、ブログの書き込みを休んでしまい恐縮です。
今日は、すでに2月に入り、節分の日を迎えました。
節分の日の雪化粧は久し振りで、街の景観はとても美しく、日頃の都会の騒音や雑念を振り払うように清々しい空気が漂っていました。
節分祭の行事を行っている神社・仏閣の運営者側にとってはとても気の毒でしたが、子供たちにとってはとてもうれしい雪化粧となっていました。
私の小6の二男も寒さも忘れて、雪だるまを作りに出掛けて行きました。
陰陽五行説によると、いよいよ明日から本当の子の年が始ります。
節分祭が厄払いの意味から考えますと、真っ白な雪に、昨年の偽りの年が払しょくされ、今年はいい年を迎えることができるのではと期待します。
しかし1月中は、株価の下落や、政治の不安定な状態といい、また中国製の冷凍餃子の問題といい、あまり希望が持てる社会状況ではありませんでした。
また今月から3月末までは、揮発油税などの暫定税率の議論できわめて不安定な政治状況を呈すると思われますが、マスコミ情報に翻弄されることなくしっかりと監視していきたいと思います。

投稿時間 : 23:33 個別ページ表示
2008年01月06日
■ 新年会のはなし

今日は年が開けて最初の日曜日でした。
1月4日の御用始に行われた、江東区長と区議会の共催の新年懇親会のあと、今日からいよいよ恒例の地元新年会行事の幕開けです。
毎年、この時期に話す内容を色々と考えるわけですが、原油高だけに留まらず、小麦粉や多くの原材料が値上がりして、生活が尚一層厳しくなってきている現状から察すると、なかなか希望の持てる話がみつからず、苦慮しているのが実態です。
今日知り合いのパンやさんや蕎麦屋さんによって、現実の話を聞きました。原材料の値上げは半端ではなく苦慮している嘆いていました。しかし、今回の高騰は、投機的な要素を多く含んでいるのではとも言っていました。さすが商売に現実に影響があると見方が鋭いと思いました。
新聞やテレビのニュースを見てもまさしくそのことが言われています。
ここで、日本が世界の流れに取り残されるのではなく、世界的に実体経済の重要性を鑑みた、ルール作りをやるべきでしょう。それには、まず世界に冠たる日本の安全保障のあり方を確立する必要があります。軍事面だけではなく食料や環境問題も含んだ安全保障を、いち早く世界に示さなければなりません。その意味で次の総選挙は極めて重要になるのです。
返す返すも、連立与党ができ、自民党が一時野党になって政治改革がこれからだというときに、1年足らずで崩壊した15年前から今日までの時間が、もったいなかったといわざるを得ません。
嘆いていても仕方がないので、なんとしても今年は、偽りのないフリー・フェアー・オープンの政治を展開して、政権を刷新して、国民の目線で政治を展開していきたいと思います。

投稿時間 : 23:54 個別ページ表示
2008年01月01日
■ 新年の挨拶

あけましておめでとうございます。
いよいよ2008年が幕開けしました。
昨年の世相を一字で「偽」という言葉が選ばれましたが、あまりうれしいことではありません。
今年は総選挙が予想されます。まさしく日本の再生がかかった大事な年になると思われます。
今年の日本の再生は、国民の意思が大きく反映されることでしょう。
是非日本の国民が、本当によかったいえる1年にしていきたいと願っています。
本年もよろしくお願い申し上げます。

投稿時間 : 10:40 個別ページ表示